現場日記|豊田市I様邸(断熱材)

断熱材20190710.JPG


こんにちは!営業サポートの阿部です!
今回は豊田市I様邸の断熱材施工時の写真をご紹介します。
柱の間に白く見えるもの、それが断熱材です。
完成後の家ではもう見ることはできませんが、外壁の内側に施工される断熱材はとても重要な役割を持っています。
断熱ってよく聞くけど、実際なんのことなの?思われる方もいらっしゃるかもしれません。
少し説明させていただきますね。
断熱とは、文字通り <熱を断つ> ということ。
住宅における熱は、夏は入り、冬は逃げてしまいます。
熱というものは移動するのです。
例えば夏、冷房をかけて涼しくしても、エアコンを切ってしばらくすると、部屋は暑くなります。これは熱が入ってきたという事。
逆に冬に暖房を切ると寒くなるのは、熱が逃げているのです。
この温度差により、冬に問題になるのがヒートショック。
部屋ごとの温度差により体に悪影響を及ぼします。
断熱材は外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に保つ材料なんです。

WOOD LIFE styleで使用している断熱材は[アクアフォーム]です。
写真の白い部分をよく見ると、凹凸があるのがわかりますか?
この凸凹の正体は泡です。
アクアフォームは硬質ウレタンを水を使って発砲させ、壁面に噴射する断熱材です。
噴射することにより、壁に密着し、小さな隙間にも入り込むことができます。
吹き付けた後はすぐに固まり、触ると柔らかさはありません。
一般的に使われるグラスウールという断熱材に比べ、1.5倍の断熱効果があるんですよ。
これで家のすみずみまで完全に断熱材で覆うことができます。

建築中の現場を見る機会がありましたら、そんなところも気にして見てみてください!

PageTop