現場日記|豊田市T様邸(引き渡し)

こんにちは!営業サポートの阿部です!
かねてから建築しておりました豊田市のT様邸が完成いたしました。
夏休み中に引っ越しをしたいというご希望に沿うことができ、ご家族皆さまに大変お喜びいただきました。
最終チェック中に撮影した写真をご紹介します。


ブログ20190808.JPG
奥に見えるのはWOOD LIFE styleで製作した造り付け食器棚です。
それと同じ材料でダイニングテーブルとイスも製作いたしました。
対面キッチンのダイニング側にはいくつもニッチ(壁の一部をへこませた収納)が作られています。
キッチン部分には、奥様がお持ち込みいただいたペンダント照明があります。
お好きな位置に移動できるよう、ダクトレールに取付いたしました。


ブログ20190808②.JPG
ブログ20190808 ③.JPG
2階の寝室や子供部屋は壁の一面のみ色を変えてあります。
写真では少しわかりづらいですが淡い緑と水色になっています。
柔らかな色合いがとても素敵です!

現場日記|岡崎市K様邸(リビング斜め天井吹き抜け)③

こんにちは!営業サポートの阿部です!
毎日暑い日が続きますね。
エアコンの効いた部屋と屋外の気温差が激しく、夏バテしてしまいそうです。
皆さま、無理をせず体調の変化にお気を付けください。

今回は以前ご紹介しました建設中のK様邸のその後を、またまたご紹介します。
工事が順調に進み、完成が近づいてきました。
以前はなかった建具が入り、照明器具も取付されました。

ブログ20190802.JPG

この建具はK様がご自身で見つけていらっしゃった古い建具です。
枠や建具自体の大きさを加工し、通常用いる建具の大きさにしてあります。
照明器具は勾配天井のため、梁部分にダクトレールを取り付け、向きを変えることができるスポットライトを取り付けました。
8月末頃にお引渡の予定です。

現場日記|豊田市K様邸(造成)

こんにちは!営業サポートの阿部です!
毎日暑い日が続きますね。
今回は新たに建築予定の豊田市K様邸をご紹介します。
古い倉庫を解体し、新築住宅を建築いただくことになりました。
解体終了後にブロックで道路境界を囲み、造成が完了しました。

<解体直後>
造成前ブログ①20190729.JPG


<造成後>
造成後ブログ②20190729.JPG


この後は地鎮祭が予定されており、8月下旬には上棟です。

現場日記|岡崎市K様邸(倉庫)

こんにちは!営業サポートの阿部です!
本格的な暑さがやってきましたね。
皆さま、お部屋の中でも熱中症にご注意ください。

今回は岡崎市のK様邸をご紹介します。
以前住居をご依頼いただき、入居していただいておりますK様からご自宅の隣に倉庫の建設を承りました。
お仕事でお使いになる資材を置いておくためとのことで、かなり大きな倉庫です。


倉庫ブログ20190726.JPG

天井部分には曲がり梁を使用し、倉庫としてお使いいただくのがもったいないほどの空間です。
壁には棚板も取り付け、使いやすく工夫してあります。


棚ブログ20190726.JPG

住宅と違い間仕切りや設備がないので工事が始まるとみるみる完成に近づいていきます。
もう来週には完成予定です。

ワークショップ

こんにちは!営業サポートの阿部です!
7月19日に手形・足形アートのワークショップが開催されました。
7組の参加者様に製作していただきました。
WOOD LIFE styleで作成した特製の枠に中にタイルで飾りをつけ、その後塗り壁の素材を流していきます。


ブログ20190723①.JPG
ブログ20190723②.JPG


表面をきれいにならし、手形をペタ!

ブログ20190723③.jpg


みなさまそれぞれ工夫していただき、とてもかわいらしい仕上がりになりました。


ブログ20190723④.jpg

次回は10月に開催を予定しています。
ぜひご参加ください!

現場日記|豊田市I様邸(断熱材)

断熱材20190710.JPG


こんにちは!営業サポートの阿部です!
今回は豊田市I様邸の断熱材施工時の写真をご紹介します。
柱の間に白く見えるもの、それが断熱材です。
完成後の家ではもう見ることはできませんが、外壁の内側に施工される断熱材はとても重要な役割を持っています。
断熱ってよく聞くけど、実際なんのことなの?思われる方もいらっしゃるかもしれません。
少し説明させていただきますね。
断熱とは、文字通り <熱を断つ> ということ。
住宅における熱は、夏は入り、冬は逃げてしまいます。
熱というものは移動するのです。
例えば夏、冷房をかけて涼しくしても、エアコンを切ってしばらくすると、部屋は暑くなります。これは熱が入ってきたという事。
逆に冬に暖房を切ると寒くなるのは、熱が逃げているのです。
この温度差により、冬に問題になるのがヒートショック。
部屋ごとの温度差により体に悪影響を及ぼします。
断熱材は外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に保つ材料なんです。

WOOD LIFE styleで使用している断熱材は[アクアフォーム]です。
写真の白い部分をよく見ると、凹凸があるのがわかりますか?
この凸凹の正体は泡です。
アクアフォームは硬質ウレタンを水を使って発砲させ、壁面に噴射する断熱材です。
噴射することにより、壁に密着し、小さな隙間にも入り込むことができます。
吹き付けた後はすぐに固まり、触ると柔らかさはありません。
一般的に使われるグラスウールという断熱材に比べ、1.5倍の断熱効果があるんですよ。
これで家のすみずみまで完全に断熱材で覆うことができます。

建築中の現場を見る機会がありましたら、そんなところも気にして見てみてください!

現場日記|豊田市N様邸(作り付け家具)

ブログ20190704.JPG

こんにちは!営業サポートの阿部です!
今回は豊田市のN様邸をご紹介します。
寝室の壁面にオーダーメイドの壁面収納とカウンターデスクを取り付けました。
収納したいもの大きさに合わせた幅や高さにし、ホコリ除けのためガラス引き戸を取り付けてあります。
N様邸は床、天井、扉すべてに無垢材を使用し、温もりのある空間になっています。
壁面収納とカウンターデスクもそれに合わせ、色合い、風合い共にとても素敵に仕上がりました。

注文住宅のいいところは自分たちの希望を自由に叶えていけるところ。
しかしすべてを自分の希望通りに作った場合、どこかちぐはぐになったり、後悔することがあるかもしれません。
自分らしく、心地いい暮らしを送っていくために、話し合いながら一生暮らす家を考えませんか?
WOOD LIFE styleでは、皆さまの希望に合わせた家づくりの提案はもちろん、資金や土地の相談も承っております。
勉強会や見学会など、ぜひご参加ください。

現場日記|岡崎市K様邸(リビング斜め天井吹き抜け)②

吹き抜け20190628.JPG
吹き抜け2階20190628.JPG


こんにちは!営業サポートの阿部です!
今回は以前ご紹介しました建設中のK様邸をご紹介します。
前回は5月29日にリビング吹き抜けの下地の写真を載せましたが、その後、珊瑚の塗り壁が施工されました。
K様邸のリビングは、壁と斜め天井部分も塗り壁になっています。
珊瑚の塗り壁はあまりなじみがないかもしれませんが、とても優れた天然素材なんです。
沖縄のきれいな海で長い年月をかけて化石化し、さらに細かく砂のようになり海底に蓄積した珊瑚を、許可を得て採取しています。
珊瑚は微細な空孔をもった多孔質物質で臭いや湿気の吸着除去に効果があるんですよ。
詳しく知りたい方はこのブログ内の「風化造礁珊瑚」の項をお読みください。

塗り壁は通常よく施工されるビニールクロスと違い、特別な技術と施工時間が必要です。
ですから、大手ハウスメーカーさんで標準仕様のところはまずないのではないでしょうか。
ぜひご自身で職人さんの手仕事の温かみと優しい質感を体感してみてください。
WOOD LIFE styleでは定期的に勉強会や見学会を開催しています。
皆様のご参加をお待ちしております!

完成見学会|豊田市N様邸

見学会20190623①.JPG見学会20190623②.JPG

こんにちは!営業サポートの阿部です!
昨日6月23日に、豊田市N様邸で完成見学会を開催させていただきました。
今回は特別にコーディネーターのガイド付きでした。
ご自身のみで見て頂く場合よりも、WOOD LIFE styleの家を詳しく知っていただくことができたのではないかと思います。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
また開催する場合はHPなどでお知らせさていただきます。
是非ご来場ください!!

現場日記|豊田市I様邸(外観)

20190619外壁2.jpg


こんにちは!営業サポートの阿部です!
今回も前回に引き続き建設中のI様邸をご紹介します。
外壁はブラックのガルバリウム鋼板で、アクセントにレッドシダーを組み合わせています。
ガルバリウム鋼板は耐久性と断熱性に優れていて防音性も高いという特徴から、住宅の外壁だけでなくカフェなどおしゃれな店舗の外壁材として、また、屋根材としても近年注目されています。
レッドシダーは前回もご紹介しましたが、水に強く、外壁にもよく用いられます。
一部に異素材を用いることで、見る角度や日の当たり方で印象が変わります。
ブラックと木材のコントラストがとても素敵ですね!

現場日記|豊田市I様邸(レッドシダー)

壁20190612.jpg

こんにちは!営業サポートの阿部です。
今回は建設中のI様邸をご紹介します。
壁面にレッドシダーを施工しました。
レッドシダーはヒノキ科の針葉樹で赤みを帯びた美しい木目の材料です。
水に強くウッドデッキの材料にも使われるほどで、針葉樹の中で最も高い耐久性を持っています。
木材の微妙な濃淡が味わいのある空間を作っていますね。
I様邸では横張りですが、縦に張ることもできますよ。
今回I様邸のこのお部屋の天井は杉材です。
木によって木目や色・香りが違います。
WOOD LIFE styleではお好みの木材をお選びいただけます!

現場日記|豊田市K様邸(ウーマンズチェック)

チェック0603.JPG

こんにちは。営業サポートの阿部です。
引き渡し間近のK様邸の最終チェックに入りました。
丸守木材ではウーマンズチェックと言って引渡し前に女性二人で最終確認をします。
一箇所一箇所手袋をはめて目視だけではなく触視でも傷や汚れをチェック。
女性ならではの目線で細かく見ていきます。
建具に不具合はないか、壁や床に傷はないか、などなど。
大切なマイホームですからきれいな状態でお渡ししたい。
そんな思いで入念にチェックしています。

現場日記|岡崎市K様邸(リビング斜め天井吹き抜け)①

吹き抜け20190529.jpg

こんにちは。営業サポートの阿部です。
今回は建設中のK様邸をご紹介します。
リビングは斜め天井吹き抜けで2階廊下につながっていて、大きな梁と束が印象的な広々した空間になっています。
2階廊下手摺りは小さなお子様のことを考えた格子の間隔にし、落下防止に配慮しながら開放感のあるデザインにしました。
2階廊下奥は子供部屋になっているので、リビングにいながらお子様の気配を感じることができます。
この写真はまだ下地の段階ですので、珊瑚の塗り壁を施工した後は梁の木目と白い壁のコントラストが美しいリビングになるでしょう。
仕上がりましたらまた写真を載せたいと思います。
お楽しみに!

現場日記|豊田市N様邸(キッチンタイル)

タイル0522.JPG

こんにちは!お客様サポートの阿部です。
今回は奥様のご希望でオプションにてキッチンタイルを施工しました。
このタイルは表面が波打ち、光沢があります。
スモーキーな色合いの3色をバランスよく配色し、さわやかな印象です。
キッチンの壁面は汚れやすいため、タイルのほかにもキッチン専用パネルなどお手入れしやすい素材があります。
ご希望に合わせてお選びください。