年末、年始のお知らせとご挨拶

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

2019年12月27日(金)12時をもちまして本年度の業務を終了する予定でございます。
新年は2020年1月6日(月)10時より、平常通り営業させて頂きます。
来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

WOOD LIFE style 丸守木材株式会社 代表取締役 渡邉芳樹

正月.jpg

豊田市|構造見学会&クリスマスフェス 開催レポート

こんにちは!広報の坂本です(*^^*)
12月7日(土)に豊田市で構造見学会を開催しました。

13.jpg
14.jpg

12.jpg
07.jpg
08.jpg
11.jpg
09.jpg
06.jpg
10.jpg

お子さまと一緒に、2組のご家族様がご参加くださいました(*^^*)
冷え込みが厳しい中、足をお運びいただきありがとうございました。

H様はWOOD LIFE styleのワークショップ人気NO1!「塗り壁の手形・足形アート」にお子様とご参加いただき、WOOD LIFE styleのお家のテイストを気に入ってくださってのご参加でした。
またお会いできて嬉しいです♡

O様は、なんと現場のご近所さん。
楽しそうなイベントがやっているな~という事で、初めてご予約くださいました♡
これから完成へと工事が続いていく現場を、お散歩がてら楽しみにご覧頂けたらと思います。

工事途中の現場をご見学いただきながら、家づくりへの疑問や、どなたも関心が高い金利などの資金のお話など、和やかな雰囲気で会話も弾み、後半はお子さんと一緒に、大工さんが用意してくれた天然木でクリスマスツリーを作りました☆

WOOD LIFE styleでは1年を通して楽しいイベントを開催しています。
これから家づくりをお考えの方、いつか家づくりをしたいな~とのんびりお考えの方、自然素材が好きな方、どんな方にもお気軽にご参加いただけます。
ホームページでいち早くイベント情報を更新していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

外壁塗り壁材「Sto(スト)」

こんにちは(*^^*)広報の坂本です!
今日の豊田市は11月の終わりとは思えないほどの温かさです。

今回ご紹介するのは、外壁に「Sto(スト)」を使ったK様邸です。
K様はお打ち合わせで「外壁は塗り壁が良い!」「漆喰やサンゴではないものにしたい!」というリクエストがありました。
コーディネーターの三田村さんが、お客様へご提案させて頂いたのがこの「Sto(スト)」です。

Sto01

「Sto(スト)」とは?
世界シェアNO.1を誇るトップブランドで、60ヵ国以上で使われる世界基準の塗り壁材です。
ストの最大の魅力は「ロータス効果」です。ロータスの語源は「ハスの葉」からきています。
表面にある細かい毛により表面についた水は水滴となります。そして、汚れの粒子を取り込みながら、簡単に表面に転がります。
このロータス効果をストの塗料に取り込むことで、超撥水効果を実現した外壁塗料が誕生しました。
オシャレなカフェやショップのような仕上がりになります。

こちらのK様邸は2月中旬に完成見学会を予定しております。お楽しみに~(^^)/

60th anniversary|おかげさまで創業60周年を迎えました

こんにちは!広報の坂本です。
今日は嬉しいご報告があります(^^)/
なんと、WOOD LIFE style は・・・

木材の販売から創業した昭和34年以来、おかげさまで地域の皆様とともに発展し、令和元年11月21日で創業60周年を迎えました。

WOOD LIFE style 丸守木材㈱ は、ご家族の皆様の健康・笑顔・幸せのために、

1.家づくりは自然素材にこだわり健康で快適な住まいライフを提供する。
2.今まで培った、知識・技術・経験を活かし出会いから始まる関係の全てをサポートし
笑顔あふれる住まいライフを提供する。
3.健康的で笑顔あふれる豊かな暮らしを創造し幸せな住まいライフを提供する。

を使命とし、この先も地域のより良い工務店であり続けるよう、お客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えしていきます。

令和元年11月22日
WOOD LIFE style 丸守木材株式会社
代表取締役 渡邉芳樹
スタッフ一同


Many more others!!
Thank you for meeting!

60周年03.png

60周年.png

60年間の全てのお客様、お力添え頂いた関係者の皆様に、心より感謝を申し上げます。

構造見学会&沖縄まつりレポート|豊田市渡刈町

【吹き抜け+中2階のある広々とした開放的な家】
10月26日(土)27日(日) 10:00-16:00
会場 豊田市渡刈町
※イベントは終了しました。当日の様子をご紹介します!

構造見学会は、家が完成したら見えなくなる、家づくりの裏側の大切な部分をご覧頂けるイベントです。ご参加された皆さんからは、「断熱材がたくさん入ってる!」「今まで見たことが無かった!」という声が上がっていました。

そして、沖縄まつり!ということで、WOOD LIFE style の家づくりに欠かせない【珊瑚の塗り壁】体験などを楽しんていただきました。
こちらは「海の香りがする!」「思っていたより難しい」という感想。
とってもお上手な参加者さんを社長が「職人さんになりませんか?」とスカウトしていました(笑)

WOOD LIFE style の家づくり紹介

【アクアフォーム】
水で発泡する断熱材で現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消します。
住まいの大敵である、壁体内結露を抑制することにより、建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます!
隙間無く吹き付けられた状態は圧巻です!構造見学会でしか見ることができません。

豊田市塗り壁体験と構造見学会06

塗り壁体験と構造見学会01

豊田市塗り壁体験と構造見学会02

豊田市塗り壁体験と構造見学会04

豊田市塗り壁体験と構造見学会03

豊田市塗り壁体験と構造見学会05

現場日記|配筋検査と豊田市名産のお茶の話

こんにちは(^^)/
広報部の坂本です。
昨日、S様邸の配筋検査を行いました。

DSC_0001.JPG

【配筋検査とは?】
基礎の鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
配筋とは、コンクリートを打ち込む前に、配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを専門業者がチェックすることを「配筋検査」といいます。
基礎は家が建ってしまえば見えない部分ですが、建物にとって重要な部分です。
建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。

WOOD LIFE styleの配筋検査は、外部の専門業者に検査を依頼していますので、より安心して頂けます。

S様邸の目の前には、立派な茶畑が広がっており、検査員さんは興味深そうにスマホで撮影されて帰られました(*^^*)

DSC_0012.JPG

【各種品評会で成績優秀 豊田の銘茶】
豊田市はお茶作りが盛んです。豊田市のお茶の起源は文化文政までさかのぼります。その後、生産者の努力で生産が広がりました。
現在は抹茶の原料となる「てん茶」を主体に栽培を行っており、「かぶせ茶」も多く栽培されています。
各種品評会においても優秀な成績を納めており、県外でも高い評価を得ています。
配筋検査に立ち会った、施工管理部の鈴木さんから聞いた余談です(^^♪

現場日記|豊田市T様邸(引き渡し)

こんにちは!営業サポートの阿部です!
かねてから建築しておりました豊田市のT様邸が完成いたしました。
夏休み中に引っ越しをしたいというご希望に沿うことができ、ご家族皆さまに大変お喜びいただきました。
最終チェック中に撮影した写真をご紹介します。


ブログ20190808.JPG
奥に見えるのはWOOD LIFE styleで製作した造り付け食器棚です。
それと同じ材料でダイニングテーブルとイスも製作いたしました。
対面キッチンのダイニング側にはいくつもニッチ(壁の一部をへこませた収納)が作られています。
キッチン部分には、奥様がお持ち込みいただいたペンダント照明があります。
お好きな位置に移動できるよう、ダクトレールに取付いたしました。


ブログ20190808②.JPG
ブログ20190808 ③.JPG
2階の寝室や子供部屋は壁の一面のみ色を変えてあります。
写真では少しわかりづらいですが淡い緑と水色になっています。
柔らかな色合いがとても素敵です!

現場日記|岡崎市K様邸(リビング斜め天井吹き抜け)③

こんにちは!営業サポートの阿部です!
毎日暑い日が続きますね。
エアコンの効いた部屋と屋外の気温差が激しく、夏バテしてしまいそうです。
皆さま、無理をせず体調の変化にお気を付けください。

今回は以前ご紹介しました建設中のK様邸のその後を、またまたご紹介します。
工事が順調に進み、完成が近づいてきました。
以前はなかった建具が入り、照明器具も取付されました。

ブログ20190802.JPG

この建具はK様がご自身で見つけていらっしゃった古い建具です。
枠や建具自体の大きさを加工し、通常用いる建具の大きさにしてあります。
照明器具は勾配天井のため、梁部分にダクトレールを取り付け、向きを変えることができるスポットライトを取り付けました。
8月末頃にお引渡の予定です。

現場日記|豊田市K様邸(造成)

こんにちは!営業サポートの阿部です!
毎日暑い日が続きますね。
今回は新たに建築予定の豊田市K様邸をご紹介します。
古い倉庫を解体し、新築住宅を建築いただくことになりました。
解体終了後にブロックで道路境界を囲み、造成が完了しました。

<解体直後>
造成前ブログ①20190729.JPG


<造成後>
造成後ブログ②20190729.JPG


この後は地鎮祭が予定されており、8月下旬には上棟です。